.

SHINJO · OKAYAMA

Sight
BOOKS · COFFEE · GALLERY

HOME >> BOOK

書店の未来がテーマ

詩と批評の『ユリイカ6月臨時増刊号』総特集 書店の未来 本を愛するすべての人に 読了。

ユリイカは、特集テーマによって、たまに買って読む雑誌。

今号は、いつもと違う路線?ちょっと変わったテーマかなぁと。

基本、雑誌なのでテーマをもとに、たくさんの書き手による短めの読み物を集積した内容。それにプラスして、対談も用意している構成。いろんな立場のいろんな書き手を用意していて充実している。

本の危機、書店の危機は、00年代からずっと続くテーマな気がする。(問題を顕現化した功績のある佐野眞一『誰が「本」を殺すのか』の初版が2001年。もう10年いや20年近く前になる。)

この雑誌からの学び

  1. スタンダードブックストアの近況というか次の構想・・・さらにコンパクトに40坪くらいにしたいとのこと。(過去2フロアで285坪、1フロアで185坪、内カフェだけで50坪。つまりカフェより小さい。)
  2. パルコブックセンターに勤めていた矢部さんの言葉「選書はおこがましい」(P146)

目次

【対談】
田口久美子+宮台由美子
新井見枝香+花田菜々子

【座談会 読書の学校】
福嶋聡+百々典孝+中川和彦

【未来の書店をつくる】
坂上友紀
田尻久子
井上雅人
中川和彦
大井実
宇野爵
小林眞

【わたしにとっての書店】
高山宏
中原蒼二
新出
柴野京子
由井緑郎
佐藤健一

【書店の過去・現在・未来】
山﨑厚男
矢部潤子
清田善昭
小林浩

【書店業界の未来】
山下優
熊沢真
藤則幸男
富樫建
村井良二

【海外から考える書店の未来】
大原ケイ
内沼晋太郎