.

SHINJO · OKAYAMA

Sight
BOOKS · COFFEE · GALLERY

HOME >> BOOK

東アジア市場の脈絡を紹介

『アジア市場のコンテキスト【東アジア編】 −受容のしくみと地域暗黙知−』(川端基夫・新評論・2006)読了。

東南アジア編に続く第二弾として、韓国、台湾、中国①(北京、上海、大連、香港、広東)の地域単位で紹介。さすがに10年以上前だけに、冬ソナなどトピックは、やや古くなっているが、書かれている地域の各市場脈絡(コンテキスト)ごとの微妙な違いと共通点は勉強になる。できれば10年後の今も定点観測、経年変化として知りたい。

日本だけをみていると、街角の零細な雑貨店、よろづ屋さん、そして飲食なら屋台群は、流通の歴史的経過の中で、必然的に消えていくものと捉えがちだが、他のアジア諸国では、①移動距離が短く、商圏が狭い、②タバコなど一本単位、小分け売り(1割プラス利益)、③かけ売りや値段交渉ができるなどなどの理由で、減ってはいるもののの流通の全体の中での比率は依然高いというのは、学びの一つである。

東南アジア編と同様に、東アジアも東アジアという大きな括りでとえらることは難しい。なぜなら大都市と農村部では全くちがう状況があるから、国単位でも難しい。それぞれの地域の市場脈絡を読み間違えるないためには、ここでも市場の脈絡を読むためには、7つの扉で(1:気候、2:民族・人口、3:宗教、4:市場分布、5:歴史的経緯、6:政策、7:所得)を丁寧に分析・統合してみる必要があることを証明して本となっている。

韓国の場合
・日本企業は反日を気にして進出先に選びにくい地域
・ファミリーマートは間接的(技術提携)で出ているが日本ブランドを意識されていない
・韓国の百貨店は、日本の百貨店の技術提携の影響を受けて誕生している
・儒教文化圏であり、職業観として小売評価低く、老舗が育ってこなかった
・儒教的価値観を反映し、女性の自家消費が目立たないテレビジョッピングが隆盛
・街角のよろづ屋的な存在「韓国スーパー」はコンビニのライバル
・ハイパー業態(GMS的)の「割引(ハリン)店」が隆盛

台湾の場合
・親日にも歴史的経緯で世代で違い3層構造がある
・親日だから進出は容易というわけでなく、市場に受け入れられず撤退も多い

中国の場合
・広い中国は、国単位での市場でなく、地域ごとに大きく違う
・個人より世帯所得、支出を決めるのは、所得の絶対額より配分(※中国に限らず)
・香港などでは小売業より不動産業配下の企業としての価値観の影響大きい(家賃上昇)

目次
第1章 越境するドラマと受容の脈絡
第2章 いま、東アジアで何が起きているのか
第3章 東アジアの「反日」と市場の脈絡
第4章 韓国の流通市場
第5章 台湾の「親日」と市場の脈絡
第6章 台湾の消費市場
第7章 「巨大消費市場」への幻想と市場の脈絡
第8章 中国の流通市場(北京、上海、大連)
第9章 中国の流通市場の脈絡(香港、広東)
第10章 東アジア市場の脈絡を探る